保存料や着色料を使わない、優しい味の八重山そばに出会える!

千葉ロッテマリーンズ春季キャンプ2018の周辺おすすめ情報。石垣島の市街地にオープンして30年余り。地元の人に愛される八重山そばの名店は、体に優しい製法にこだわった自家製麺が人気。あっさり味なのに後を引くスープも、やみつみになること間違いなし!

石垣島を訪れたら、一度は食べたいのが八重山そば。一般的な沖縄そばに比べて麺がやや細めのストレートで、豚骨の出しを使ったスープにほんのり甘みがあるのが、八重山そばの特徴だそう。そんな八重山そばの人気店をご紹介。市街地からほど近い市役所の目の前に店舗を構える「島そば一番地」は、保存料・着色料ゼロの自家製麺にこだわる、八重山そばの老舗。地元の人においしい八重山そばのお店を訪ねると、必ず名前があがる名店です。人気メニューは、やはりスタンダードな「島そば(八重山そば)」(600円)なのですが、今回はお店おススメの2品をクローズアップ!

1品目は、皮付きの豚バラ肉がドーン!と乗った「三枚肉そば」(800円)。地元産の島豚を長時間煮込み、脂分を丁寧に取り除いてあっさり味に仕上げたというスープは、優しいのど越しがとても心地いい。スープがさっぱりしている分、三枚肉のボリュームがちょうどよく感じるのです。2品目は、八重山の方言で“ごちそう”を意味する「コッキそば」(1,050円)。その名の通り、ソーキ(豚のスペアリブ)、三枚肉、カマボコ、島ネギといった全種類の具を乗せた、ごちそうそばです。それぞれ、麺の量はプラス200円で特盛に、マイナス100円の小盛に変更が可能。具を楽しみたい女性の方には、小盛がおすすめ!

この冬からは、具のかまぼこに少し炒めるアレンジが加わったそう。そうすることで風味が増し、スープとの一体感をより楽しめるようになりました。また、沖縄そばが「コーレーグース」という泡盛に唐辛子を漬け込んだ香辛料かけて食べるのに対して、八重山そばには「ピパーズ」という蔓性の植物(ヒハツモドキ)の実を蒸して乾燥させた粉をかけるのが定番。お店では、より鮮度のいい実を使用した自家製ピパーズをスタンバイ。香りが高く一般的なピパーズより少し辛味が強いのが特徴だそう。これをお好みで振りかけることで、“二度おいしい”八重山そばを堪能できるのです。

店舗情報

八重山そば専門店 島そば一番地
  • 石垣市字石垣1-1
  • 昼10:30~15:30(LO15:00)
    夜18:00~22:00(LO21:30)
  • 木曜夜(その他不定休)
  • 0980-88-1781

アクセス・タクシー料金検索

千葉ロッテマリーンズ のキャンプ地周辺のおすすめ情報

このページのトップへ

プレミアコースのご案内 ログイン

最大62日間無料お試しアリ!!

新規会員登録はこちら

【ご利用可能なカード会社】

いつもNAVIの季節特集
関連サービス
Copyright(C) 2018 ZENRIN DataCom CO.,LTD. All Rights Reserved.