毎年2月はロッテマンスリー!選手も通う焼肉の名店

千葉ロッテマリーンズ春季キャンプ2018の周辺おすすめ情報。石垣島で初めての本格的焼肉店は、選手たちも足しげく通う人気店。選手にもファンにもうれしいサービスが満載の名店を紹介します。

石垣島でロッテ選手が来店するお店として有名なのが、ここ「石垣屋」。2001年に、島で初めての本格的焼肉店としてオープンして以来、地元客からも観光客からも大人気のお店です。沖縄の古民家風の建物は、広々とした贅沢な造り。開放的な大広間に加え、4名用から8~10名用まで個室が9部屋も完備されており、個室スペースは隣の部屋の声が気にならない、しっかり&ゆったり空間。そんな気配りが、選手たちが気兼ねなく食事を楽しむことができる理由のようです。石垣牛をまるごと一頭仕入れているというこのお店のメニューには、ふだん焼肉屋さんであまり見かけない希少部位がたくさん。なかでも、牛一頭からほんのわずかしかとれない最高部位がいただける「まぼろしの石垣和牛」(3,100円)は、もう絶品! 赤身と脂身のバランスが絶妙で、とろけるような食感なのにお肉の旨味がしっかりと口の中に広がります。お店のイチ押しは「うわさの特選牛のにぎり」(3貫1,620円、4貫2,100円)。ごく軽く炙られた牛肉を、握りずしのネタのようにしていただくこのメニューは、毎日数量限定なので気になったら即注文!です。

また、ランチタイムではリーズナブルに「石垣屋」を堪能できるので、こちらもおススメ。人気は、サラダやキムチ、スープも付いた「石焼ビビンバセット」(1,150円)や、ボリューム満点の「手作り特大ハンバーグセット」(1,600円)など。どちらのメニューにも石垣屋の特選牛がたっぷりと使われているので、夜の焼肉はちょっと高いなぁ…と思ったら、ランチタイムにぜひ足を運んでみてはいかが? 贅沢空間でゆったりとランチを楽しむことができます。なお、「石焼ビビンバ」(単品950円)、「手作りハンバーグ」(単品1,200円)は夜も人気メニューで、これを目当てに来店するお客様も多いそう。要チェック!

ロッテのキャンプシーズンには、かつて伊東勤元監督が若手選手を連れ立って来店したこともあったというこのお店。シーズン前に取材で訪れたときには、店内でサイン色紙などを見かけることはなかったのだが、「2月は“ロッテマンスリー”として盛り上げますよ!」と、オーナーの安藤慎さん。期間中には、“最新版”のサイン色紙を店内に飾る予定だそうで、毎年新しいサイン色紙に交換するというこだわりぶり(写真は撮影用に特別に、以前もらったサイン色紙を飾っていただきました)。ここでなら、おいしい焼肉をいただきながら、お気に入り選手の最新サインを拝むことができるかもしれません。30台もの駐車スペースが確保されているので、ドライブの途中で立ち寄ったり、もちろんキャンプ観戦の合間の腹ごしらえにも◎です。

店舗情報

炭火焼肉専門店 石垣屋
  • 石垣市真栄里547-7
  • 11:30~14:00(LO13:30)17:00~21:30(LO21:00)
  • 火曜(祝祭日は営業)
  • 0980-82-4400

アクセス・タクシー料金検索

千葉ロッテマリーンズ のキャンプ地周辺のおすすめ情報

このページのトップへ

プレミアコースのご案内 ログイン

プレミアコースを無料体験

初回のみ登録月の翌月末まで無料

翌々月以降は月額300円(税抜)

【ご利用可能なカード会社】

いつもNAVIの季節特集
関連サービス
Copyright(C) 2018 ZENRIN DataCom CO.,LTD. All Rights Reserved.