選手が毎日通っていた食堂で、女性オーナーと思い出話を

広島東洋カープ春季キャンプ2018の周辺おすすめ情報。

広島カープの宿舎ホテルが近くにあったころに、選手がよく通っていたという「大衆食堂ミッキー」。昨年引退した廣瀬純元選手が、若い選手を引き連れて、毎日のように訪れていたことを、オーナーの女性が懐かしそうに話してくれました。
店内には、その廣瀬元選手をはじめカープの選手たちのサインずらり。一緒に飾ってあるカープグッズは、選手たちが「お店に飾って」と持ってきてくれたものだという。おすすめは「沖縄チャンポン」(600円)。沖縄では、野菜などを炒めた具がご飯にのっているメニューをチャンポンと呼ぶそうで、東京などで食べるチャンポン麺の“ご飯版”といったところ。選手たちの胃袋を満たしていただけのことはあり、ボリューム満点なうえ野菜が多いので栄養も満点。他には「焼きそば」(600円)、「ゆしどうふ定食」(600円)なども人気メニュー。気取りのない雰囲気の中で、優しくてパワフルなオーナーさんと話をしていると、自然と元気になれる気がします。きっとカープの選手のみなさんも、ここでパワーをチャージしていたのではないでしょうか。選手たちの懐かしいエピソードがあふれている、素敵なお店です。

店舗情報

大衆食堂ミッキー
  • 沖縄市中央3-1-6 中央パークアベニュー
  • 11:00~22:00
  • 日曜
  • 098-939-9663

アクセス・タクシー料金検索

広島東洋カープ のキャンプ地周辺のおすすめ情報

このページのトップへ

プレミアコースのご案内 ログイン

最大62日間無料お試しアリ!!

新規会員登録はこちら

【ご利用可能なカード会社】

いつもNAVIの季節特集
関連サービス
Copyright(C) 2018 ZENRIN DataCom CO.,LTD. All Rights Reserved.